2分でわかる!iPhone7のSIMカード取り出し方

2分でわかる!iPhone7のSIMカード取り出し方


どうやるの?iPhone7のSIMカードの取り出し方

ども、SIM村です。来月はいよいよ3月ですね。

かつてこの季節は携帯乞食(こういった呼称があった)にとっては「書き入れ時」でした。なぜ書き入れ時かというと、各社が実施するキャンペーンに乗っかって儲けていたんです。中には百万単位で儲けていた人もいたくらいです。(現在、携帯乞食は総務省の規制で絶滅しました。)

余計は話はさておき、携帯乞食じゃない方でも3月と4月は携帯についてよく考える季節だろうと思います。

理由は明快でこの時期に携帯キャリアによる「2年縛り」の呪いが最も多く満了するからです。

この機会を逃すと、MNPの際に違約金なるわけのわからないお金を取られちゃうことになりますので、「携帯電話の契約を見直したい」と考えている方はぜひ3月4月に見直してくださいね。

今回のポストではスマホの通信料金を節約するために必要な技術(大げさ)「iPhoneからSIMカードを取り出す方法」をご紹介します。写真や文章で伝えるより、動画のほうが伝わりやすいので、短い動画にまとめました。興味があれば動画をご覧ください。

SIMカードを取り出して何すんの?

3大キャリア(docomo/au/softbank)で契約している人は契約時以外ほとんどSIMカードに接することがないと思うのですが、安くスマホを使いこなしている人たちには、SIMカードはとっても身近な存在。このカードの入れを自由自在にすることで格安の恩恵に浴することができるのです!!(大げさ)

実際、LINEモバイルなどのMVNOを利用するためには、自分でSIMカードの交換をしなければならないですからね。

SIMロック解除も必要

今使っている端末でMVNOにMNPして格安SIMを使いたい方は、SIMロック解除をする必要(特にauとsoftbankユーザー)があります。このSIMロック解除、スマホを一括で購入した方はすぐにできますし、分割で購入した方でも概ね100日後にはできるようになります。これで、キャリアのかけた忌々しい呪いを解くことが可能となります。

海外でも利用可能になる

SIMロック解除をした端末なら、海外の通信会社のSIMカードを刺して設定するだけで利用可能になります。(キャリアの電波とスマホのバンドがあっていることが条件)

私が数年前に上海に行った時は、現地のシムで3日間過ごしました。確か3日で2,000円しなかったと思います。全く不都合なく快適に使うことができましたよ。

写真はその時に使った中国聯通(チャイナユニコム)のSIMカード。

まとめ

機種代込みで通信費が10,000円を超えている場合は、かなり贅沢な使い方をしていると私は思います。格安SIMに切り替えれば、機種代を払い終えている方の場合は月3,000円くらいにすることができると思います。浮いたお金で我慢していたほかのことができるようになりますよ~。