MVNOを初めて利用する人が確認しなければいけない2つのこと〜データ通信量編(iPhone版)〜

MVNOを初めて利用する人が確認しなければいけない2つのこと〜データ通信量編(iPhone版)〜

ども、SIM村です。

楽天モバイルやLINEモバイル、OCNモバイルなどの格安SIMに3大キャリア(docomo、au、softbank)から移行する場合は、数多くのプランの中から自分の使い方にあったものを賢く、エレガントに選択する必要があります。

このプラン選びに失敗すると、通信速度が遅くなってイライラしたり、料金が安くなるどころか逆に高くなることさえあります。

でもご安心下さい。プラン選びの前に、この2つをキッチリ押さえておけば大丈夫です。

押さえるべきポイントはこの2つ!

  • ひとつきあたりのモバイルデータ通信量
  • ひとつきあたりの通話時間

モバイルデータ通信量は、LINEでのやりとりやネット検索、ゲーム、アプリのダウンロード、Youtubeの視聴、マップの利用など、スマホのありとあらゆる利用で増加していくものです。

通話時間は、単純にスマホで通話した時間となります。

今回はこの2つのうち、モバイルデータ通信量を確認する方法(iOS版)をご案内します。

f:id:simmura:20170307095006p:plain

確認するのはとってもカンタン。

この順でタップするだけで確認OKです。

設定→モバイルデータ通信

f:id:simmura:20170307095521p:plain

表示されている「モバイルデータ通信の使用状況」の現在までの合計がその端末のデータ通信量の総量となります。(メモをすることができる方は、今この数字を紙にメモして下さい。)

でもこれだとひとつきあたりの使用量は確認できないんじゃ?と思いましたよね。

その場合は、iPhoneの画面をさらに下にスクロールして下さい。

画面の一番下に本当にちいさい文字「前回のリセット日時」と書いてあり、その横に日付が確認できると思います。

これでひとつきあたりのデータ通信量、計算できますよね!

計算式は次の通り。

現在までの合計÷月数=ひとつきあたりのデータ通信量

この計算式から導きだされたデータ通信量がこれから先も必要となるデータ通信量です。例えば、計算結果が1.5GBとなった方は、MVNOで選ぶプランは2GBや3GBで十分ということです。

とってもカンタンでとっても重要なので、是非計算してプラン検討に役立ててくださいね!