本日解禁!NTTドコモの中古スマホ遂にSIMロック解除可能に!

本日解禁!NTTドコモの中古スマホ遂にSIMロック解除可能に!

待ってました!そう思った方も多いのではないでしょうか?2月20日よりついにNTTドコモ中古スマホSIMロック解除可能となりました。

このドコモの対応に伴い、SIMロック解除をされる方が3月頃に爆発的に増えると思います。私はドコモでSIMロック解除を望むユーザーの大半がiPhoneユーザーなのではないかと思っています。よって、このポストではiPhoneユーザーに絞って解除可能なiPhoneやその条件などを見ていきたいと思います。

対象となるiPhone

対象となるiPhoneはiPhone6s以降となるようです。残念ながら5や5sは対象外のようですね。

  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone X
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR

SIMロック解除を受け付ける条件

中古端末ですから、ドコモとしても3つのポイントは絶対に譲れません。この条件の1つでもアウトだと、解除することができません。この3つのうち最も重要視しなければいけないポイントは、「ネットワーク利用制限」のステータス。もしあなたがまだドコモの中古iPhoneを手に入れていない場合で、オークションなどで購入する場合は、必ずネットワーク利用制限が「〇」のものを購入してください。

なお、ネットワーク制限には「〇」以外に「×」と「△」の計3種類のステータスがあります。「×」は残債の未払いなどでドコモのネットワークが利用できない端末となります。「△」は分割で端末代金を支払い中のものが該当しますが、いつ「×」に変化するかわからないので、購入を見送ることを強くお勧めします。

  • ネットワーク利用制限、おまかせロック、各種ロックがかかっていないこと
  • ドコモの販売店で分割払いで購入された日から100日経過していること
  • 端末購入サポートが適用された日から100日経過していること

ネットワーク利用制限を確認するにはコチラから。サイトに行くと端末の製造番号であるIMEI(数字15桁)の入力が求められます。

UQ mobile

スポンサードリンク

手続き方法

「ドコモオンライン手続き」「ドコモショップでの手続き」の2パターンあります。オンラインでの手続きは無料なので、通常はこちらを選択することになると思います。オンラインでの手続きを行う場合は、dアカウントが必要になります。アカウントをお持ちではない方は事前にdアカウントを取得しておきましょう。

ドコモオンライン手続き(無料)

ドコモショップ(1第あたり3,000円)

dアカウントの取得はコチラから。

まとめ

かつては新しい取り組みと言えばソフトバンクでしたが、最近は3大キャリアの中で一番最初に値下げの方針を示すなど、ドコモが先行しているように感じます。 (昔は値下げといえばソフトバンクでした。孫さんはもう事業売却したので、通信会社としてのソフトバンクには魅力を感じていないのでしょうか。。。)

キャリアにとってあまり面白い話ではない中古端末でのSIMロック解除。まだ具体的な対応を発表していないauやソフトバンクの動きに注目が集まりますね。(っていうかSIMロック解除なんて当たり前だよ。お金払った端末にキャリアが制限かけてるほうがおかしいわ。)