MVNOって一体なんだ?

MVNOって一体なんだ?

ども、SIM村です。

格安SIMや格安スマホ界隈の記事に必ずといっていいほど出て来る単語。

それが「MVNO」です。

私のように携帯に少し詳しい人イキイキと格安SIMについて語りだすと、必ずと言っていいほどこの単語が会話に出てきます。

はい。そうです。マウントをとるための単語だと白状します。(マウントはとれているわけではない。)

もちろん聞き手の方は心の中で「なんか小難しいこと言ってるし適当に相槌打っとこう。」と思っているのも知っています(笑)。

というわけで今回は自称携帯事情通の皆様が使う「めんどくさい単語」の代表格「MVNO」のヒミツに迫りたいと思います。

そもそもMVNOってなんなのよ?

MVNOはその語呂の良さ・響きの専門的な感じから携帯オタクに好まれてよく使われる単語です。でもこれ単に会社の形態を英語で表記した頭文字を並べたものなんです。ドラゴンクエストがドラクエになるのと同じですね。

Mobile Virtual Network Operatorが省略前の正式な名称です。心底どうでもいいでしょ?

なお、日本語に翻訳すると「仮想移動体通信事業者」。このムダに漢字が長く連なっているのも携帯オタクが喜ぶポイントです。きっと皆さんは「何それ?」でしょうけども。。。

仮想ってどういうこと?

MVNOはMNO(Mobile Network Operator)であるNTTドコモやauそしてソフトバンクのように大規模な通信インフラを持ちません。

MVNOはMNOから設備を「借りるだけ」

だから、MNOに仮想(Virtual)のVが加わってMVNOになるんです!

自社での設備投資やメンテナンスが通信の重要な部分においてほぼ不要になるので、コストを抑えた運営が可能になっています。

ユーザーはその恩恵にあずかって、安く携帯を利用できる、というわけです。

どこの電波を使っているの?

MVNOは前述の通り大手通信事業者から設備を借りています。その仕入先のほとんどがMNOの巨人「NTTドコモ」

それ以外のMVNOも、auかソフトバンクから電波を仕入れています。

よってMVNOの電波はMNOの電波と同じと言えます。

ちなみに最近では3大キャリアの電波を全てそろえているMVNOもあります。mineoやLINEモバイル(2019年中にサービスイン)などがそうです。

よってMVNOが提供する格安SIMサービスを利用する場合は、その端末でどこの会社の電波が利用できるのかをあらかじめ調べておく必要があります。

データ通信の速度はちゃんと出るの?

MVNOは首都圏など人口密集エリアでは、昼や夜の通信が集中する時間帯速度が著しく遅くなる、と言われていました。

現在も通信が遅くなることは事実ですけども、MVNO黎明期から比べたら随分とマシな状況になっています。日〇通信(MVNOの生みの親)が提供するホニャララmobileなんて、電波が止まって見えました(笑)

その時代から比べたら、現在はDMMモバイルや楽天モバイル、イオンモバイルにLINEモバイル、mineoにUQモバイルなどMVNO大手が十分に資金を投じて通信速度に対する対策を講じているので、普段使いしている分には回線速度の遅さはさほど気にならないハズです。

移動中にNetFlixやYouTubeをガッツリ見るようなヘビーユーザーにはオススメできませんが、一般的なユーザーにとっては十分な環境が整ったと思います。

これで黙らせることができる

あなたの近くに必ずいる携帯オタクもこの知識で一発で黙らせることができます。もう適当な相槌を打たなくてすみますね!